プログラムの目標

子どもたちが、日本語や日本文化に関する知識を高め、スキルとしての日本語を身につけ、日本語でコミュニケーションする楽しさを体感し、日本語・日本文化を継承していることに誇りを持ち、ニュージーランドの地域に貢献できるような大人に育つ、そんな場を提供することです。そしてまた、この場が他の様々な場とのつながりが持てるようにすることです。

 


先生たちが目指すこと

子どもたちが…

  • 日本語の聞く・話す・読む・書くという四技能を、文化的なコンテクストの中で築き上げていくこと。
  • 積極的に自分の意見や考えを分かち合い、またお互いに違いを尊重し合えるようになること。
  • 多くのアクテビティ(経験)を通して、身をもって学べるようにサポートすること。
  • 自分の生まれた国、育っている国、家族が暮らす国のことを理解し、歴史や人々、文化についての知識を増やすこと。
  • 二つの文化、二つの言語を継承することが素晴らしいと思えるように、そして他の文化や言語も同じように素晴らしいと思えるような柔軟な考え方ができるようになること。
  • 一人一人の違いを尊重し、みんなで支え合い、助け合い、協力し合いながら成長すること。

教材

小学部・中学部では、日本の文科省検定国語教科書を中心に、国際部では、子どもたちのニーズと言語能力に合わせて、学習に役立つ様々な副教材を組み合わせて使用しています。

家庭学習

教室学習と家庭学習とが総合されて学習目標が達成されます。補習教室では、教室学習と家庭学習とが五分五分の重要さをもっており、限られた授業時間を最大限に有効活用するために、「家庭は第二の教室、保護者は第二の担任」として、学習へのサポートをお願いしています。

学用品

学習に必要な基本的な持ち物は、『通学案内』に記載されています。事務局に入学希望の旨をご連絡いただき、『通学案内』をご入手の上、各自ご確認ください。

 

事務局連絡先:admin@waitakerejss.org